FC2ブログ
代わりなんて
2018-07-27 Fri 00:02

大昔、・・・思い出すと辛いが・・・絵が上手い同級生がいた。
もしかしたら下級生かもしれない。
上級生ではなかったか?

覚えていないのは、それなりの理由がある。

彼女は小学校~大学まで絵(漫画っぽいもの)を描いていたのだが、
自分の絵をあまり良く思っておらず(というか、自惚れないようにしよう、と自制している感じ)

且つ、他人の絵も悪く言っていた。

「あいつ、自分が上手いとか思ってるんじゃないの?
下手なくせに漫画とか描くんじゃねーよ」

とか、テレビの漫画家志望の子の絵を見たり
アマチュア漫画家の絵を見るたびに言っていた。

「みんな同じ絵に見えるよ。
格好良い絵も、綺麗な絵も。
どんな絵も、・・・何か代わりはいくらでもいるみたいな」
私はそう言っていた。

「はぁ?見る価値もねぇよ」
そんな風に言っていた彼女。

(親戚兼近所)

「でも、あなたのは・・・
代わりがいない。
どの絵にも、綺麗なイラストレーターさんの代わりはいるけど
同じ絵みたい。
工場で生産されてる綺麗な絵。

あなたの絵は、代わりがいない。
上手とか下手とかじゃなくて・・・」

そんな風に言ったのだが、

「は?てめぇに褒められても嬉しくねぇし。
てめぇにそんなこと決められたくねぇし」

「何でそんな・・・」
あまりな言葉に絶句する私。

「代わりがいないとか誰が決めるんだよ。
てめぇに決められても嬉しくねぇし。
っていうか何様だよおまえ」


この後、完全に付き合いを絶った。


我慢に我慢を重ねて・・・
我慢しまくっていて。
ずーーーっと我慢していた、私への言葉だったらしく
全てを聞いた私は、「(これが本心なのね・・・)」と手を切った。

それまでは「こういう性格なんだ」で済んだが。




そして。
現在。

『あなたの代わりなんていくらでもいるのよ』
という暴言を言う上司に、精神的に追い詰められているらしい。

親戚も誰も、彼女をケアする人間はいなく、

私に、仲介者を通して連絡してきた。

彼女『ひどいでしょ!私の代わりなんていくらでもいるなんて!
あいつ何様なのよ!』

そんなことを言ったらしい。

「あなたの代わりはどこにもいない」
そんなことを言った私を、今更ながら求めているのだろうか。


私はしばらくして寝込んだ。
体中が尿酸で埋まっているんじゃないかと思うくらい
すごく体が痛かった。
このまま、死ねたら、面倒なことがなくなるのに。

ずっとそう思っていた。


そして記憶も少しずつ忘れていった。
歳はいくつ・・・?
近所?
なんだっけ、、


ねぇ
話し方といい、
ひどい傷のつけ方といい


あなたの代わりなんて
どこにもいないわよ



 

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | top∧
出産おめでとう御座います
2017-02-16 Thu 19:03
福山雅治さんのお子さんが生まれたのを初めて知りました。
立ち合いをしたそうで、生まれた瞬間涙を流したのだとか。

何て優しい。

福山さんはあまりにみなに好かれすぎで正直「幸せすぎる人」だったので、
どこかで何かがあるだろうなとドキドキしていて
も、もしかしたらお子さんが?!、なとど物騒なことを考えていました。

福山さんの奥さんが具合悪くなってそのまま・・・、とか。
流産するのも有り得る。とか。

でも全然何事もなかったようで、良かったです。

気持ち悪いけど、大丈夫だったというニュースを見て
涙ぐんでしまいました。

福山さんなんてどうでもいいですが、
(ひどい)
旦那さんが福山さんを高く買っていて、
とても褒めるので
それで影響されてしまったという・・・

赤ちゃんが出来たとき、
「流産とかそういうのが無ければいいけど!」
と旦那よりも人一倍心配しました。


本当に良かったです。

福山さんの奥さんは10年以上片想いした末に福山さんと結ばれたそうで、
その話もおかずになりました。






別窓 | 日記 | コメント:0 | top∧
うさぎ彼女
2017-01-17 Tue 10:53
うさぎ彼女、というpixiv発の本があります。
お人好し風の高校生の飼い主さんと、うさぎの女の子。

飼い主さんのことを彼氏だと思い込む、うさぎさんのお話。

可愛いし、飼い主さんすごく柔和で(とても高校生とは思えない)優しいし、
微笑ましいのだが・・・

私にとってはそれだけなのだ。
可愛い。


しかし旦那さんにはクリーンヒットだったようで、
とてもお気に召してくれた。

うさぎが結構おバカで、そこが私に似ていて・・・
面白いから?と聞いたが

単純にそのうさぎの女の子(もも、という名前)が可愛いと。


・・・

次第に。

こんなエントリー書いてしまうぐらいだから。

旦那さんの「『うさぎ彼女』好き」にすっかりハマってしまった。

もも可愛い~♪
と言っている旦那さんが癒しというか。

あー何て優しい人なんだろう、、、とか
その都度その都度思ってしまうのである。

こういうものを可愛い~、と心から思えるこの人は
本当に優しいなって。

私こそこの、「もも」で
飼い主君、ことももの飼い主の本当の姿が「私の夫」なんだろうなと。

・・・

いや、、別にももに似てはいないか。私は。



いつも、うさぎ彼女を見ている(読んでいる)姿をたまたま見るたびに
「優しい人だな~(略)」

とほのぼのします。


何て言うか、母性の塊というか。
お母さんになるために生まれてくるはずだったのに、
男として生まれてきて、
その母性がふわ~と漂っている感じ。


・・・(ハの字まゆげ)
母性・・・女性ホルモンが多いからハゲないんだこの人。


何かこう、魅力的だし、顔だって格好良いのに、
・・・男として全然魅力を感じないのは
母性が強すぎるからなのかもしれない。

そう、男として全く魅力が・・・
全てその聖なる母性が・・・



日記というか長いつぶやきになったけど

ずっと、うさぎ彼女を好きなあなたでいて下さい。


ディレクトリスト


  

別窓 | 日記 | コメント:0 | top∧
| 青摩大学-機械工学風庭園 |