FC2ブログ
意訳(超訳)
2017-12-13 Wed 00:58

ゴッドファーザーのとあるシーンの、
自分なりの意訳(超訳)です。

ネタバレなので注意!



Sonny:The Turk wants to talk!
Imagine the nerve of the son-of-a-bitch.
He wants a meeting today

ソニー:あのトルコ人が話し合いたいとよ
どういう神経してやがんだ。
今日会いたいってさ


Tom:What did he say?
トム:何て言ってた


Sonny:What did he say...
He wants us to send Michael to hear the proposition.

ソニー:何て言ってたってそりゃ・・・
マイケルと話し合いがしたいってさ


Sonny:And he promises that the deal is too good to refuse.
ソニー:いい条件出すってさ


Tom:And Bruno Tattaglia?
トム:タッタリアの息子の件は?


Sonny:That's part of the deal.
He cancels out what they did to Father.

ソニー:それも条件に入ってて
親父にやったこともあるし、無かったことにするとさ


Tom:We should listen to them.
トム:しょうがないな、聞こう。要求


Sonny:No more! Not this time, Consigliere.
No more meetings, discussions, or Sollozzo tricks.

ソニー:な、何を言ってるんだコンシリアリ(相談役)。
会うのも話し合うのも、ソロッツォのふざけた策略もうんざり


Sonny:I want Sollozzo, or we go to war...
No more meetings, discussions, or Sollozzo tricks.

ソニー:ソロッツォの命が欲しいんだ、じゃなきゃ戦争だっ


Tom:The other families...
トム:他のファミリーは・・・


Sonny:They hand me Sollozzo!
ソニー:そいつらが奴を手渡してくれればいいんだ!


Tom:This is business, not personal!
トム:これは仕事だ。プライベートのことじゃないんだぞ


Sonny:They shot my father...
ソニー:父親が撃たれたんだぞ俺


Tom:Even that was business, not personal.
トム:それは仕事であって私情ではない(彼らにとって)


Sonny:Then business will have to suffer.
Do me a favor.
No more advice on how to patch things up.
Just help me win.

ソニー:ビジネス(仕事)だけじゃなくなってくるさ
いいか良く聞け
事態を良くするかなんて聞きたくない
勝つだけだ


Tom:I found yout about Captain McCluskey,
who broke Mike's jaw.
He's definitely on Sollozzo's payroll,
and for big money.

トム:マイケルの頬を殴ったマクラスキー警部を調べたよ
彼はソロッツォの手下になってる
金でそうなったっぽい


Tom:McCluskey has agreed to be The Turk's bodyguard.
So When Sollozzo is being guarded,
he's invulnerable.

トム:マクラスキーがトルコ人のボディガードになってる。
彼は守られている訳だから 手が出しようがないよ


Tom:Nobody has ever gunned down a New York police captain.
All the families would come after you.
The Corleone family would be outcasts!

トム:誰もニューヨーク警察なんて撃てっこないだろ
他のファミリーは一気に我々を潰しにかかる
コルレオーネファミリーは駄目になっちゃう!


Tom:Even the old man's political protection
would run for cover.

トム:お偉いさんの法的保護だって壊れてしまうだろう


Tom:Do me a favor.
Take this into consideration.

トム:分かってくれ
もっと冷静になってくれ


Sonny:All right, we'll wait.
ソニー:分かった。待つ


Michael:We can't wait. We can't wait.
No matter what Sollozzo says,
he's going to kill Pop.
That's the key for him.
We've got to get Sollozzo.

マイケル:待てない。待てないったら
結局奴は何を言っても親父を殺すんだ。
結局な


Clemenza:Mike is right.
クレメンザ:その通りだよ


Sonny:Let me ask you something.
What about this McCluskey?
What do we do with this cop?

ソニー:じゃあさ、
マクラスキーは?
あのクソ警察はどうするんだよ


Michael:They want to have a meeting with me, right?
It will be me, McCluskey and Sollozzo.
Let's set the meeting.

マイケル:俺に会いたがってるんだよな?
俺、マクラスキー警部、ソロッツォ・・・
ミーティングだ


Michael:Get our informers to find out
where it's going to be held.

マイケル:どこで会うのか調べさせてくれ(手下に)


Michael:We insist it's a public place.
A bar, a restaurant.
Some place where there are people,
so I feel safe.

マイケル:俺らは公の場所を指定する。
バーとかレストラン。
俺らが安全だと感じる人が多い場所だ


Michael:They'll search me when I meet them, right?
So I can't have a weapon on me.

マイケル:俺をチェックしてくるだろうな
武器はもちろん持っていけない


Michael:But if Clemenza can figure out
a way to have a weapon planted there for me.

マイケル:でもクレメンザがどこかに銃を隠しておいてさえくれれば・・・


Michael:then I'll kill them both.
マイケル:彼らを殺す


Sonny:Nice college boy.
Didn't want to get mixed up in the family business.
Now you want to shoot a police captain
because he slapped you?

ソニー:大学出のインテリが。
この仕事イヤなんじゃなかったっけ?
で、警官にひっぱたかれてやりたくなったの?


Sonny:This isn't like the army!
You have to get close and get their brains on your suit.

ソニー:軍隊とかじゃない(公的なもの)んだぞ
こうやって近付いて脳みそ吹っ飛ばすんだぞ
んで服に付く


Sonny:You're taking this very personal.
Tom, this is business and he's taking it personal.

ソニー:私情に走っちゃだめだよもう
トム、これは仕事で、こいつったら私情で動こうとしている


Michael:Where does it say you can't kill a cop?
マイケル:え、何?警察を殺すことを言ってるの?悪いの


Tom:Mikey...
トム:だからさ、マイケル

 
Michael:I'm talking about a cop who's mixed up in drugs,
a dishonest cop.

マイケル:俺が言ってるのは麻薬をどうこうしている悪い警官のことだ

 
Michael:A cop who got mixed up in the rackets and got what was coming.
マイケル:組織と繋がって私腹を肥やしてる、警官

 
Michael:That's a terrific story.
We have newspaper people on the payroll, right?
They might like a story like that.

マイケル:これはいい記事になるね
俺らにも記事書く人間(組織の)がいるんだろ?
こういうの好きだろ奴ら


Tom:They might.
トム:そうだね、そうだと思う

 
Michael:It's not personal, Sonny.
It's strictly business.

マイケル:これは私情なんかじゃないよソニー。
これは仕事だ(ビジネスだ)。


  

スポンサーサイト
別窓 | 映画感想 | コメント:0 | top∧
ショーシャンクのタケチン(1994年)
2017-12-05 Tue 00:09

1994

A級からC級に下がりました。


以下ネタバレ

↓↓↓
..................
 

別窓 | 映画感想 | コメント:0 | top∧
| 青摩大学-機械工学風庭園 |