FC2ブログ
武士と忍者
2017-09-01 Fri 22:34
日本人は「武士」と「忍者」がいると思う。
んで、悪もいるし善もいる


武士は正々堂々として、身分が最上位だ
士農工商、の一番上だし。

忍者はこそこそしている。
正々堂々の逆で、卑怯なことをして生きている。
もともと、忍者はエタ・ヒニンと呼ばれる最下層の人間たちが、上の人間・・・偉い人に頼まれて諜報作業をする、暗殺をするということを生業とする職業で、
それらの技術が高くなっていって「忍術」として完成、
忍者というものになったのだ。


だからと言って、武士=善、忍者=悪とは限らない。
というか「完全なバランスを保っている」と思う。

悪武士はとことん悪だし、善忍者は人を思いやるために他人を立てて自分を出さない
・・・などがあるだろう。


-------------------------------------------------------

勝負!

武士=正々堂々。
卑怯なことはしない。
卑怯だ!と言われるとキョドる

忍者=こそこそする。
諜報行為(相手の情報をたくさん調べる)をいっぱいする
そういうの含めて「全部見抜いてたよ」と言われるとキョドる



責任

武士=見てて痛々しいくらい責任を取る。
じゃあ辞めればいいのに、という場面でも辞めず、自殺する

忍者=さっさと逃げる
逃げ切れず、責任取らされる場面になると全員から攻撃される。

武士は「自ら命を絶つ」ことこそが美学で、他人に「殺される」のを最も恥とする。
忍者は「掟を破ったら全員の前で責任を取らされる(=殺される)」




秘密

武士=完全守秘義務。
土足で入る人間を嫌う

忍者=仲間になら結構言っちゃう。
丁寧に靴を脱いで痕跡がないようにして他人の領域に入り込む



好きな人が出来た!

武士=正々堂々と告白する。
すぐに顔真っ赤になっちゃう。
駄目だって思ったら潔く去る。

忍者=あの手この手でうまくいくように仕向ける。
恥は見せない。
駄目だって思ってもつい見ちゃう



RPG

武士=西洋では騎士、ナイト

忍者=西洋ではシーフ、アサシン、暗殺者



プライド

武士=武士と書いてぷらいど、と読ませる。
武士は食わねど高楊枝。

忍者=プライドを食って生きている。
捨てながら生きている。
持っているのは生きている執念で、それを「プライド」とは読まない。



人を見抜く

武士=ステータスで人を見る。
常に様々な人間をライバル視しているため

忍者=心で見る。
性格が良いからではなく、「自分に危害を加えるか?」というのを重視しているため



褒められると・・・

武士=見下すな!と逆にムカつく

忍者=無表情でうなずく



けなされる

武士=切り捨てる

忍者=スルー



敵をやつける

武士=正々堂々、表から堂々と勝負をする。
日にちまできっちり付ける。

忍者=相手が寝ているところを天井裏からプスッ
卑怯なやり方でやつける。



ごはん

武士=肉だろう

忍者=何事もバランスですよ



勉強

武士=勉強は出来て当然

忍者=自分を守るための学問。高めるためではないんですよ(笑)



コマンド:逃げられない

武士=責任取って切腹します

忍者=体力が減って倒れます



結婚

武士=おめかけさんも取る
奥さんに基本頭が上がらない

忍者=奥さんひとすじ
結婚しても奥さんに心を許さない



漫画キャラ

武士=ケンシロウ

忍者=ゴルゴ13



美学

武士=誇りを持つこと。卑怯なことは絶対にしないこと

忍者=謙虚であること。ことを荒立てないこと



尊属(親~祖先)に対して

武士=自分は自分です。縛られたくありません

忍者=親は絶対。ムカついてもやっぱり親の言うことだから言うこと聞きます



卑属(子~子孫)に対して

武士=可愛い。何とか守ってあげたい。悪いことしたら責任取って自分が成敗します

忍者=出来ればすぐに親離れして欲しい。何かあっても責任取りません。自分で何とかして



恋?のライバルが現れた

武士=正々堂々勝負を挑む
その場に遭遇すると、血の気が引いてすぐに引き下がり、寝込む

忍者=相手の悪いところをキャッチし、それとなく流布する。
その場に遭遇すると、こそこそして後をつける



↓良かったらポチッとお願いします♪

fc2ランキング


スポンサーサイト

別窓 | エッセイ | コメント:0 | top∧
<<高等生物 | 青摩大学-機械工学風庭園 | 優等種>>
この記事のコメント
top∧
コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 青摩大学-機械工学風庭園 |